幸福 無料レポート

あなたを
一生苦しめる
人生最大の間違い


幸福 無料レポート

 2500年以上前に解明され、ほとんどの人が知ることがなかった幸福になれない原因!お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めくあなたの心のシステムの秘密を7ステップ80ページでついに公開!!

メールアドレス:


メルマガにも登録されますが、いつでも解除できます。


運営者:中村僚

幸福中村僚

こんにちは。中村僚です。
私は東京大学で量子統計力学を学んでいたのですが、
学べば学ぶほど、科学では本当の幸福になれないことを知らされ、人生に幸福はないと思うようになりました。

 ところが多くの物理学者が、量子力学と仏教が似ていると言っていたので、高校時代から仏教に関心を持っていたのですが、なんと2500年以上前から伝えられる仏教に、本当の幸福の答えを見いだしたのです。
それを公開したいと思います。

もし、なぜあなたが本当の幸福になれないのか知りたければ、まずは上の無料レポートを読んでみてください。
幸福

>>詳しいプロフィール

本当に「あいつのせい」?

与えない人

自分の心に目が向かない人

心に資産を築かない人

生きてるのが当たり前の人

幸福とは

幸福のパラドックス

幸福はきりがない

幸福はつつがない

幸福は死によって崩れる

仏教の非常識な質問

幸福論・よくある質問

無料メルマガ

もっと深くあなたの心を知る21ステップ
→登録はこちら

仏教入門セミナー(幸福編)

Elementary Buddhism Seminar

なぜこのサイトを作ったか

img_03
東京大学教養学部で物理学を学ぶも、
科学では本当の幸福になれないことに気づき、
仏教への非常識な転身をとげる。なぜ、この大転換をし、
本当の幸福」に関するサイトまでつくったのか、
ここに記します。

暗黒の時代

それは、中学時代にさかのぼります。

小学校はそれなりに楽しかったのですが、

中学校では、校則も厳しく、徐々に勉強も振るわなく

なりました。高校で入ったサッカー部でも到底レギュラーに

なれず、更に、気が小さい私は、初恋の女の子にまでふられ、

「一体なぜこんなに苦しまねばならないのだろう」

と悩み続ける暗黒の日々でした。

身の程をわきまえない目標

そんな時、テレビで見たアインシュタインにあこがれ、

「将来自分も歴史に名を残す物理学者になりたい、

それなら東大に入ろう」

と、自分の実力もわきまえず、単純に思ったのです。

それを聞いた両親は

「大学には行ってもいいが、塾にやるお金はない」

と言い、

周り中の友達は、お前には無理だと笑いましたが、

「無難な人生で終わるより、一回位冒険した方が面白いじゃないか」

と、高校二年の秋、勉強を始めたのです。

しかし、現実は厳しく、模擬試験ではいつも

「合格は無理です。志望校を変更しましょう」

との判定。不安と焦燥の中

「それでも何とか物理学者になりたい」と、

1日18時間の地獄の勉強を1年以上続けました。

車にひかれる


 ところが、入試直前の、ある寒い冬の朝でした。

いつものように、自転車で図書館へ向かっていると、

突然、赤いスポーツカーが、横からつっこんできたのです。

ぶつかる!と思った瞬間、目の前が真っ暗になりました。

それまでの思い出が走馬燈のようにかけ巡り

「自分の人生は、一体何だったのだろう」と、

無力にも空中へ吹き飛ばされていました。

 気づいた時には、路上に倒れていました。

激突した車のフロントガラスはバリバリにひび割れ、

自転車はぐにゃりと鉄くずのようになっていたのですが、

体は上にはねあげられ、幸いにも無傷でした。

相手の運転手は真っ青になり、私もショックで受験など

ふきとびそうでしたが、それでも今まで頑張ってきたことを思い出すと、

「ここであきらめるわけにはいかない」と、

事故を示談にし、震える足でそのまま図書館へ向かったのです。

 サッカーで体を鍛えていた為か、なんとか無事、受験を終えました。

   

桜満開の4月

そして桜満開の4月、晴れて東大の門をくぐることができたのです。

夢に向かって大きく前進した私は、幸せの絶頂でした。

しかし、同時に、楽しかった高校三年間があっ という間に

終わってしまったことが妙に寂しく、夢のキャンパスライフも、

次第に満足できなくなっていました。

 そんな一学期の終わり、同じ授業の友人に哲学的に、生きる意味は

あると聞いたのです。しかもその答えは、仏教にあると。


確かに高校時代に読んだブルーバックスの量子論の本などから、

量子論の父、ボーアは東洋思想に関心を示しており、将来は、物理学と

仏教思想を学び、物理学を発展させて、人類に貢献しようと思っていました。

ところが、その生きる意味の内容は

「人が生きるのは、学問や地位や名誉のような、一時的な満足のため

ではなく、かわらない幸福になるためだ」ということで、

学問を志していた私にとって、ものすごい衝撃でした。


 やがて、東大の友達たちもみんなわかってますが、

私も科学では本当の幸せにはなれないのではないかと

思うようになりました。


か、科学では幸福になれない!

日本の経済を見ても、戦後、フィリピンを下回るGDPであったのが

あっという間に世界第二位の経済大国になり、

経済的な豊かさや、科学技術に恵まれ、

今日、生活必需品に困ることなく生活できるようになりました。


総務省のアンケートでも、

1978年からは、物の豊かさよりも、

心の豊かさを重視する人が増え

心の満足を求める人が多数を占めるようになりました。


それにもかかわらず、

自殺者は、年間3万人をこえ、

凶悪犯罪や、精神的な病などは増える一方です。


みんな、自分に何が足りないのか、

どうしたら満足できるのか、

見つけることができない人が多いのではないでしょうか。


 自分自身、あの寒い冬、車にひかれ、すべてが崩れさっていた

かもしれないことを思うと、生きる意味を知らず、

間違った努力で一生を終えたなら、どんなに後悔を残すだろうかと

思うと、人生について深く考えなければならないと思うように

なったのです。

そして、人類の到達した最高の思想とまでいわれる仏教に

その答えがあり、日本は、世界有数の仏教国でありながら、


その内容を知る人もなければ、

また、一般には知る機会もほとんどないと思います。


そこで、本当の幸福に関心のある方が自由に学び、考えられるように、

これまで10年以上の勉強会や講演会でなされてきた

内容をまとめ、情報を発信させて頂きたいと思います。
!

不勉強の身ではありますが、
正確な内容を少しでも分かりやすくお届けしたく
思います。関心のある方はぜひご覧ください。

無料メールマガジン



幸福

幸福 連絡先