幸福 無料レポート

あなたを
一生苦しめる
人生最大の間違い


幸福 無料レポート

 2500年以上前に解明され、ほとんどの人が知ることがなかった幸福になれない原因!お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めくあなたの心のシステムの秘密を7ステップ80ページでついに公開!!

メールアドレス:


メルマガにも登録されますが、いつでも解除できます。


運営者:中村僚

幸福中村僚

こんにちは。中村僚です。
私は東京大学で量子統計力学を学んでいたのですが、
学べば学ぶほど、科学では本当の幸福になれないことを知らされ、人生に幸福はないと思うようになりました。

 ところが多くの物理学者が、量子力学と仏教が似ていると言っていたので、高校時代から仏教に関心を持っていたのですが、なんと2500年以上前から伝えられる仏教に、本当の幸福の答えを見いだしたのです。
それを公開したいと思います。

もし、なぜあなたが本当の幸福になれないのか知りたければ、まずは上の無料レポートを読んでみてください。
幸福

>>詳しいプロフィール

本当に「あいつのせい」?

与えない人

自分の心に目が向かない人

心に資産を築かない人

生きてるのが当たり前の人

幸福とは

幸福のパラドックス

幸福はきりがない

幸福はつつがない

幸福は死によって崩れる

仏教の非常識な質問

幸福論・よくある質問

無料メルマガ

もっと深くあなたの心を知る21ステップ
→登録はこちら

入門セミナー(幸福編) >  生きている事実が当たり前の人 >  ニーチェと無常観

幸福 ニーチェと

「生を見つめることが深い」人って?



人間は生を見つめることが深ければ深いほど、苦悩を見ることが深くなる。
                                 (ニーチェ)

ニーチェの言う「生を見つめることが深い」人って、

どんな人でしょう?



これからの人生設計が明確で、

資格の取得や貯金などに余念がない人だろうか。



健康管理を怠ることなく、

事故や事件に対して

セキュリティー意識の高い人だろうか。



そんな人なら、ニーチェはなぜ

苦悩を見ることが深くなる」と言ったのでしょうか。



生を見つめることが深い」人とは、

すなわち

死を見つめることが深い」人といえるのです。



【(死を見つめることが深い人)=(生を見つめることが深い人)】。



「えっ!“ 生 ”と真反対に位置する

 “ 死 ”を深く見つめることが、

 なんで“ 生 ”を深く見つめることになるんだ?”」

と、質問の声が聞こえてきそうです。



「死ぬことなんか今考えなくていいだろう。」



「死んだら死んだときだ。」



「今は生きているんだから生きることを考えよう。」



「死を考えるのは暗いじゃないか、生を考えることこそ大事なのだ。」



こんなセリフは、よく聞かれます。



ところが皮肉なことに、

もう生きられないと命の期限を自覚した時

初めて“ 生 ”を大切に、

まじめに扱うようになるというのです。


ありがたみを知ったときは、もう手遅れ



人は何かを失う時に初めて、

そのありがたみを知るといいます。



卒業式の日に通いなれた校門を

何度も振り返って、

別れを惜しんだ経験のある人も

多いことでしょう。



「あーあ、もう月曜日か。」とため息ついて

くぐった校門がなぜか懐かしく、

愛おしくさえあるものです。



普段私たちは生きているという事実を

当然と受け流していますし、

「さっさと生きてさっさと死にたい。」

くらいに軽く受け止めています。



しかし、「あと半年の命です。」と

医師に宣告されたガン患者にとっては、

自分が今 生きているという事実が、

「かけがえのないもの」


痛烈に知らされることでしょう。



満開の桜を見ては、

「この桜が咲き誇る姿も見おさめだな。」

と涙するという。



友人と何気ない会話をして

「じゃあまた。」と背中を向けて歩き出すと、

「もう二度と彼と会うことはないんだろうな。」

と涙が出る。



自己の命は有限だったと気付く時、

「この命、何に使うべきか。」

「本当に今のままでお前は後悔ないのか?」

真剣な回答が迫られるのでしょう。



ハイデガーは、周りに流されて生きている世人を

「非本来的自己」と呼び、

人間本来の生き方をしていないと言いました。



では人間はいつ、真剣に自己の幸福の意味を考え、

自分で自分の人生を決断する、

本当の自分」になるのでしょうか。



それは「死」を見つめた時だと、ハイデガーは主張します。



俺は死ぬんだ、という驚嘆から哲学は始まる

と言ったのはアリストテレスです。



モンテーニュは「哲学とは死を考える学問である」と説きました。



死を前にした時、人は

『必ず死ぬのに なぜ生きる』

人生最大の問題と直面させられるのです。



その問題に悶え苦しんだ人にのみ、

真の幸福が切り開かれることを仏典には、

無常を感ずるは、菩提心(ぼだいしん)の、一(はじめ)なり

(死を見つめることはいたずらに暗く沈むことではなく、

 生の瞬間を日輪よりも明るくする第一歩といえよう。)

とあります。



人の死を見たり、聞いたりしたとき、

私たちは虚をつかれたような驚きを感じます。



それは、ばたばたと忙しくしている日常の運行が

停止するような 厳粛な驚きです。



そんな時に、上記のような哲学的な問いを

自問した人も多いのではないでしょうか。


では一体どうすれば……


ではどうすれば本当の幸福になれるのか。

これは、大変深い内容ですので、

それを説明するには、余白が少したりません。

そこで、この答えがわかる

メールマガジン

本当の幸福・生きる意味に最短最速で近づく21ステップ」という

わかりやすい無料メールセミナーを作りました。

まだ知らない人とも、この人類最深の思想を共有したいと思いますので、

ぜひご覧ください。
(いつでも解除できます)

メールアドレス:

特典!今なら、知られざる人生の秘密苦悩の根元」を

コンパクトにまとめた「あなたはなぜ幸福になれないのか」という小冊子を

セミナーの最後にプレゼントします。
不勉強の身ではありますが、

正確な内容を少しでも分かりやすくお届けしたく

思います。関心のある方はぜひご覧ください。





幸福